小さいパネルは複数置けば効果的

カテゴリ

メニュー

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

等身大パネルに防水対策をしてもらう

室内用の等身大パネルを外で使う事は避けるようにしましょう。場所によっては使用しても良いですが、ほとんどの場所が使ってはいけない場所です。室内用の等身大パネルは防水対策がされていません。急に雨が降ってしまう場合もあります。最近は急に雨が降ったりして天気が安定していないので、気がつかないうちに濡れてしまうと使用できない状態になります。使用できなくなるともう一度注文をしないといけないのでお金の負担が大きくなります。
外で等身大パネルを使用したいと考えている人は外専用に作ってもらうようにしましょう。防水の対策をしてもらうので作成にかかる金額は多少高くなりますが、毎日高い宣伝効果を発揮してくれるので売り上げも上がる事が期待できます。防水対策をしてくれる業者が存在するのか疑問を感じますが、伝えればほとんどの業者が防水の対策をしてくれます。防水対策をする際の金額も業者によって違いがあるので、かかるお金を見て依頼をする場所を判断しましょう。室内用の等身大パネルに透明な袋をかけて外に置いている人もいますがどうしても見映えが悪くなります。見映えが良いとそれだけ高い効果を発揮してくれるので注文する前に考えておきましょう。

動物の等身大パネルを作成してもらう

最近等身大パネルを良く目にするようになったと気がついている人もいるでしょう。一時はほとんど見かけなくなった等身大パネルですが、最近は使用している店が増えています。それだけ宣伝の効果があると判断されているので店を持っている人は等身大パネルを作成して置く事を検討しましょう。
大きければそれだけ目立ちますが、どこまでも大きな等身大パネルを作成してもらえるのか気になるところです。大きく作成をしてくれる業者もありますが、ほとんどの業者は人間の大きさ程度までしか対応できない事が多いです。等身大パネルに使われるモデルは人間だけが対象ではありません。動物の等身大パネルを作成したいと考えている人もいるでしょう。動物であれば著作権が大きく関わってくる事が無いですし、男性でも女性でも動物が好きな人は大勢いるため、効果を期待できるからです。犬や猫の等身大パネルであれば作成してもらえますが、あまりにも大きな動物の等身大パネルを作成してもらいたいと依頼をすると断られてしまう事もあります。小さいサイズでもいくつか作成して店の前に置いておけば効果を発揮してくれます。人の足を止めるのが一番の目的になるので、店と関係無い動物の等身大パネルでも問題ありません。

新着情報